« 13日の金曜日 Part 6 ジェイソンは生きていた! | トップページ | スター・ウォーズ »

13日の金曜日 PART 7 新しい恐怖

前作で、スーパーサイヤ人と化したジェイソン。こうなると、もはや普通の人間では太刀打ちできない。それでは面白くない、ということで超能力女が登場する。だんだんホラーからかけ離れていくような・・・。
ジェイソンのほうも、人間離れが著しい。服も皮膚もボロボロで、湖から「ガオー」と登場。『ゴジラ』じゃないんだからと思っていたら、音楽までゴジラ調。背ビレもあるし。要は、キャリーVSゴジラということだ。他にも、デッドゾーン調だったりジョーズ風だったりといった中、ジェイソンが不純異性交遊取り締まり係(童貞のヒガミともいう)の本領を発揮して、SEXしている男女を片っ端から殺していく。
そして・・・驚愕のラスト!『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』風なのか?

★★★


監督:ジョン・カール・ビュークラー
出演者:ラー・パーク・リンカーン、 テリー・カイザー、 ケヴィン・ブレア、 ケイン・ホッダー

|

« 13日の金曜日 Part 6 ジェイソンは生きていた! | トップページ | スター・ウォーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/227234/5350027

この記事へのトラックバック一覧です: 13日の金曜日 PART 7 新しい恐怖:

« 13日の金曜日 Part 6 ジェイソンは生きていた! | トップページ | スター・ウォーズ »