« 最前線物語 | トップページ | グッドフェローズ »

ライトスタッフ

バカな男たちの映画です。負けず嫌いの人ってバカに見えるけど、とことん突き詰めて、命を賭けるところまでいけば、バカッコいいになるのだ。たけし軍団みたいなもの・・・いや違うか。とにかく、大空に命をかけた男たちのプロジェクトX映画です。
多分実際にやっていたことだと思うが、宇宙飛行士適正テストが実にバカバカしい。まあ、米ディズニーワールドにある『ミッション:スペース』で、意識が飛びそうになった自分は、絶対合格できないですが。
技術者とのやりとりも面白く、搭乗機に窓をつけるつけないで揉めるあたりは、小さいなあと思いつつ、こういう細かい所が実に大事だったりするんだなあとも思う。宇宙飛行と言っても、基本は人間のやることですから。
登場人物だけでなく、この時代のアメリカの負けず嫌いっぷりも凄い。やっぱりアメリカって基本バカ。これらの計画は税金や命の無駄だといわれるけど、同じ税金で戦争をやるくらいだったら、こういう勝負の方がバカっぽくていい。少しはためになるだろうし。
ライト兄妹しかり、こういうバカ(ッコいい)な男たちがいたからこそ、今の私たちの便利な生活があるのだ。バカは偉大だ

★★★★★


監督:フィリップ・カウフマン
出演者:サム・シェパード、 スコット・グレン、 エド・ハリス、 デニス・クエイド、 フレッド・ウォード、 チャールズ・フランク

|

« 最前線物語 | トップページ | グッドフェローズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最前線物語 | トップページ | グッドフェローズ »