« 2007年3月 | トップページ | 2008年10月 »

ナチュラル・ボーン・キラーズ

タランティーノ脚本、『プラトーン』、『サルバドル』のオリバー・ストーン監督、「メディアが作った殺人鬼」的なコピーなどなど期待値はかなり上がるのだが、見てみるとなんだかなあという作品でした。まあ、あくまで空想の中での殺人に魅せられたタラと、現実に人を殺しているストーンでは水と油だったのかも。
メディアということを意識させようとしたのか、目まぐるしく変わる映像も目が疲れるだけ。MTVもどきと言われて監督は反論したらしいが、「オレだってできるぜ」という思いから手を出したんじゃないかなあ。思いっきり失敗してるけど。無理して若者に迎合しようとするとロクなことはないのだ。若い女の子と一緒にカラオケに行って、おじさんもいけるよとアピールしようとして微妙に古い歌を選択し、余計に寒くなる状況と一緒だ。
映画内でのメディアの関わらせ方も中途半端で微妙。『ありふれた事件』みたいに、もっと関わった方が面白くなるだろうし、カメラを回すということが凶器になることを監督は重々知っているはずだから、その辺をもっと突っ込んで欲しかった。そのへんは『ゆきゆきて、神軍』の方が圧倒的だ。しかも実話だし。
話も、インディアンのシーンとか余計なところが多すぎる。しかもその場面が無意味に長い。これは、最近のオリバー・ストーンの特徴になるのだが。
だから、全体的には失敗作と言っていいと思うが、これを見て実際に殺人を犯したりしたヤツらがいたということなので、ストーン的には意図が的中した成功作ということになるのかもしれない。

★★


監督:オリバー・ストーン
出演者:ウディ・ハレルソン、 ジュリエット・ルイス、 ロバート・ダウニー・Jr、 トミー・リー・ジョーンズ
収録時間:119分

| | コメント (0)

いこかもどろか

当時大ヒットした『男女七人○物語』のさんまと大竹しのぶのキャラをそのまま使った便乗映画。TVを見てた人が劇場に来るだろうという安易な目算で進められた企画をお祭り的な感じで映画にする、今流行の映画の先駆けと言えるかもしれない。普通だったら最も忌み嫌う種類の映画だが、この映画はなかなか面白かった。
とりあえず、当時付き合っていた二人の掛け合いが絶妙で、その会話だけでも面白い。2時間をほぼ二人だけで持たせてしまうような役者が、今の日本にいるのだろうか。昔のさんまのしゃべりは、やっぱり天才的だなあと思える。最近はちょっとキレがないが。
物語はまあTV的なドタバタコメディですが、制作側が映画を作っているという意識がちゃんとあるように思う。TVとは明らかに違う作り方、例えば画面の作り方やサブのキャラなどをしっかりとやっているので、ちゃんと見れるのだ。ラストもチェイスシーンで盛り上げ、車が爆発するし、こういった娯楽映画として当たり前のことをちゃんとやっているだけでも、エラいと思う。最近の邦画は、こういうことから逃げてるからな。そう考えていくと、今の邦画は、昔のテレビドラマ以下ってことになりかねないなあ。

★★★★


監督:生野慈朗
出演者:明石家さんま、 大竹しのぶ、 小林稔侍、 渡辺えり子
収録時間:109分

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2008年10月 »