« センセイの鞄 | トップページ | ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎 »

きりきり亭主人

Gora


作者:きくち正太
掲載誌:別冊漫画ゴラク No.601号


あらすじ:
きりきり亭の主人ぶら雲は、昼間から唄を歌いながらお風呂に入っている。湯上がりに美味しい酒とつまみをと思ったそのとき、目に入ったのは自分の○○毛。そこから連想して極上のもずくを探しに街へ繰り出すのであった。

感想:ネタバレ注意!
蘊蓄マンガというヤツです。今回はもずくの蘊蓄をあれやこれやと、語っています。飽きさせないためなのか、随所に下ネタもあり。正直、漫画で読まなくてもと思ってしまう内容でした。かつてコミックバーズで連載してた『きりきり亭のぶら雲先生』の続編的な漫画です。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

|

« センセイの鞄 | トップページ | ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センセイの鞄 | トップページ | ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎 »