« ナチュラル・ボーン・キラーズ | トップページ | んぐるわ会報 »

アラタ カンガタリ ~革神語~

Cover_3


作者:渡瀬悠宇
掲載誌:週刊少年サンデー NO.44

あらすじ:
八百万(やおよろず)の神々が生きる「神話」の世界。国を治める王は「秘女族」の血をひく女と決まっているのだが、長い間、女の子に恵まれなかった。そんな中、「女」として出生を届けられていたアラタ(♂)が、王女である「秘女」を継ぐ儀式に、女装をして臨むのだが、そこに待っていたのは・・・

感想:ネタバレ注意!
古代ファンタジーというヤツです。国レベルでの話っぽいので、スケールの大きな話になっていくのでしょうか。
とりあえず、この「女」だけど「男」というアイデアを今後も活かすのであれば、このあと主人公は、本当に女になる(もしくは変身できる)みたいな普通じゃない人間になると思うのですが、どうでしょう。御神体の謎もお話のキモになるんでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

|

« ナチュラル・ボーン・キラーズ | トップページ | んぐるわ会報 »

小学館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナチュラル・ボーン・キラーズ | トップページ | んぐるわ会報 »