« ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎 | トップページ | 西遊妖猿伝 西域篇 »

風が如く

02319


作者:米原秀幸
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.47号


あらすじ:
時は戦国時代。1年に一度しか使われることのないお宝「ツキヨミの箱」の噂を聞きつけた男は、早速そのお宝を盗もうと計画する。「ツキヨミの箱」は何でも願いが叶うという能力を持っているお宝であった。お城に忍び込み、まんまとお宝を盗み出すことに成功した男は、早速箱の中身を見てみるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
SF時代劇マンガというヤツです。主人公はかの石川五右衛門なのですが(そういう漫画はいくつかあったはず)、最後にバイクが出てきたので、現代人が紛れ込んでくるSF的な時代物になるのでしょう。また、かぐやの謎も今後漫画を引っ張っていく原動力に繋がるはずです。現代との繋がり、もしくはSF的要素のさじ加減が、この漫画の成否を決める気がします。ただバイクだけ手に入れるのでは、どうかなあ。

絵柄:★★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

|

« ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎 | トップページ | 西遊妖猿伝 西域篇 »

秋田書店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎 | トップページ | 西遊妖猿伝 西域篇 »