« ケンとメリー | トップページ | 幻仔譚 じゃのめ »

アイレボ -Ice Revolution-

Q

作者:竹村洋平
原作:堤亜弥
掲載誌:ジャンプスクエア 12月号


あらすじ:
大沢真崎は、空手道場を経営している家で育ったために、女子とは思えない言動の男まさりの強さを持った女子校生。周りのみんなも女の子として扱ってくれない日々を過ごしている。そんな中、交通事故から救ってくれた一人の男の子に胸がキュンとしてしまう。その男の子の手がかりを探しているうちに、スケートリンクの上に立っていたのであった。

感想:ネタバレ注意!
スポ根恋愛漫画というヤツです。男まさりの女という設定はよくあるのですが、設定に関係なくキャラ自体が魅力的でグイグイ読ませていきます。フィギュアスケートというマイナー(いまやメジャー?)な題材をどう上手く見せていくかが勝負でしょうか。王子様である男も、実は女だったりするのかと思っていたのですが違うようですね。とにかくキャラが活き活きとしているので、それだけである程度は引っ張っていけると思います。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

|

« ケンとメリー | トップページ | 幻仔譚 じゃのめ »

集英社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケンとメリー | トップページ | 幻仔譚 じゃのめ »