« モテキ | トップページ | 東京怪童 »

RUN day BURST

Gan

作者:長田悠幸
掲載誌:月刊少年ガンガン 12月号


あらすじ:
バレルは機械いじりが大好きで、町の人からも何かと修理を任せられていた。しかし、気弱な性格のためにいじめられっ子に目をつけられてもいた。そんなある日、バレルの住む村に車に乗った逃亡犯が逃げ込んでくる。折しもトナリ町では、地球半周レースの「RUN day BURST」のスタートが迫っていたのであった。

感想:ネタバレ注意!
レース漫画というヤツです。古くは『キャノンボール』や『スティール・ボール・ラン』などの長い距離をずっとレースをしてる設定のヤツ。終着点がはっきりしている漫画は嫌いじゃないです。結末がある程度知れている分、キャラやエピソードが勝負になると思うのですが、なんかキャラ配分がどこかで見たことある感が否めない。逃亡犯というのがキモなのかもですが、それも見たことがあるような・・・。父親の存在が隠し味でしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

|

« モテキ | トップページ | 東京怪童 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モテキ | トップページ | 東京怪童 »