« 僕のアイドロイド | トップページ | 黒子のバスケ »

88

2881

作者:並木洋美
掲載誌:月刊少年マガジン 1月号


あらすじ:
高校生の佐野ヒカリは、アイスホッケー部のキャプテン。アイスホッケー部には資質を持った人材がいるのだが、全然勝てないのでみんなのやる気も失せていた。そんなホッケー部員がまたしても騒ぎを起こし、それを止めに入ったヒカリは誤って屋上から落ちてしまう。それを助けたのは、奇抜な格好をした1年生の北条レンだった。

感想:ネタバレ注意!
青春スポーツ漫画というヤツです。アイスホッケーというマイナーなスポーツを題材にしています。日本人には馴染みの薄いアイスホッケーの魅力を描くことができるのでしょうか。キャラたちはかなり現実離れした感じなので、リアルなホッケーというより、必殺技が飛び交う古きよきスポーツ漫画の路線なのかもしれません。まあ、そっちの方が面白そうですが。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

|

« 僕のアイドロイド | トップページ | 黒子のバスケ »

講談社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕のアイドロイド | トップページ | 黒子のバスケ »