« 暴想処女 | トップページ | ダーウィンの方式 »

しずかの山 ―神の山・マチャプチャレー

Cover_vol1

作者:松本剛
原作:愛英史
掲載誌:イブニング No.1号

あらすじ:
宗教的な理由でまだ誰も登頂したことのないマチャプチャレの初登頂に、一人の男が成功した。その男、ジアンは一躍時の人となるが、全く同じ時期に登頂を目指していたモーリスは行方不明になっていた。モーリスの行方不明にはジアンが関わっているのではないかと疑う両親は、地元で暮らしている日本人のタカトウ・シズカに調査を依頼する。

感想:ネタバレ注意!
山岳サスペンス漫画というヤツです。本当(ですよね?)にこんな山があるということに驚きました。モーリスの行方の真相というサスペンスが物語を引っ張っていくのですが、これ、そんなに長くは引っ張れないはずです。短期連載なんでしょうか。一つの山に登るのをじっくりと、そしていろいろな回想があったりして長期連載になるのでしょうか。それはそれで、凄いマンガの誕生になりますね。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

|

« 暴想処女 | トップページ | ダーウィンの方式 »

講談社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暴想処女 | トップページ | ダーウィンの方式 »