« しずかの山 ―神の山・マチャプチャレー | トップページ | ジキルとハイドと裁判員 »

ダーウィンの方式

Smt20081212


作者:増田剛
原作:いしぜきよしひで
掲載誌:週刊漫画TIMES 12/12号

あらすじ:
荻野純一郎は、東都大学でカマキリなどの交尾についての講義を受け持つ生物学の講師を務めていた。その講義を受けている鮎川という学生とは、実は同棲中の恋人であった。二人は学内ではこのことがバレないように過ごしているのだった。

感想:ネタバレ注意!
ラブコメマンガというヤツです。セックスをエロ目線ではなく、動物学的に解説していくというのは面白いと思います。セックスって生物の根幹を成す行為だし、その知識を教えてくれるだけでいい勉強になります。で、もちろんそれに絡めて(読者の求めている)セックス描写も取り入れており、なかなかよくできた構成だと思います。絵がもう少しエロければ傑作になる可能性があると思うのですが。

絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

|

« しずかの山 ―神の山・マチャプチャレー | トップページ | ジキルとハイドと裁判員 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しずかの山 ―神の山・マチャプチャレー | トップページ | ジキルとハイドと裁判員 »