« 七日同棲 | トップページ | バカとボイン »

マイスター

W_jump0488_h

作者:加地君也
掲載誌:週刊少年ジャンプ 1号


あらすじ:
総海高校サッカー部に所属している頼歩は、今日も町中をサッカーボールを蹴りながら登校している。総海高校サッカー部は、昨年の千葉大会で初出場で全員1年生ながらベスト4まで進み、小さな話題になった。そんなサッカー部に憧れて入学してきた拓であったが、サッカー部には、金髪リーゼントやブツブツ独り言を言っている暗いヤツなど個性派ばかりでとても強いチームには見えなかった。

感想:ネタバレ注意!
サッカーマンガというヤツです。『キャプテン翼』以降、ジャンプではサッカー漫画の主人公は爽やかでなくてはいけないというルールでもできたのでしょうか。とりあえず、その爽やかすぎる主人公のことを、誰一人煙たがらず全員が認めているというのがなんだか逆に新鮮でした。個性的なキャラを試合の中でうまく活かすことが勝負だと思います。それにしても、最近のサッカーは漫画であっても、戦術とかを取り入れないとダメなのですね。名前つけたシュート打ってりゃいい時代はとうの昔ということか。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

|

« 七日同棲 | トップページ | バカとボイン »

集英社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七日同棲 | トップページ | バカとボイン »