« 極悪ノ華 | トップページ | AKATSUKI ー朱憑ー »

Spray King

337


作者:三國シン
掲載誌:月刊少年ライバル 2月号


あらすじ:
専門学校に通う黒田ミウは、スクープ写真を撮るために事件現場におもむき、そのスクープ写真が雑誌に掲載されることを無上の歓びにしていた。その街では、事件あるところにには必ずスプレーキングといわれる何者かが跋扈していて、いつも見事なスプレーアートが残されているのであった。そんな中、ミウが写真を始めるきっかけを作ってくれた恩師である有名写真家に仕事の手伝いを依頼されるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
ヒーロー漫画というヤツです。内容や設定は『バットマン』などのアメコミ的な雰囲気が感じられます。早くも宿敵とか出してますし。スプレー缶で吸ったり噴射することで敵と戦うというところがオリジナリティになっています。基本的には悪い気を吸うだけなので人も死なず、少年誌向けのよい設定だと思います。ですが、スプレーアート(要は落書き)に関しては、今後神経を使うことになるんだろうなあ。そもそも、写真とかスプレーアートの部分は、これから設定としてうまく処理できるのでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

|

« 極悪ノ華 | トップページ | AKATSUKI ー朱憑ー »

講談社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極悪ノ華 | トップページ | AKATSUKI ー朱憑ー »