« イケイケ!花のまりあ組 | トップページ | まだ、生きてる・・・ ② »

裁判員の女神

20831020309

作者:かわすみひろし
原作:毛利甚八
掲載誌:週刊漫画サンデー 2/3号


あらすじ:
エリート裁判員である弱冠26歳の勇樹美知子は、東京から海鳴市へとやってきた。自然に囲まれた都市での新しい生活にワクワクしていた。海沿いを歩いていると、釣りをしている少年と出会い、ひょんなことから手伝うことになってしまう。そうこうしているうちに、大事な約束の時間に遅れていることに気付く美知子であった。

感想:ネタバレ注意!
裁判漫画というヤツです。裁判員制度が始まるのにあわせて始まった漫画ですが、これからしばらく裁判漫画の新連載が多くなるのでしょうか。裁判員制度の導入で日本の裁判が崩壊するというセリフもあったので、その辺の問題がリアルに描かれていくのであれば、注目は集まると思います。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

|

« イケイケ!花のまりあ組 | トップページ | まだ、生きてる・・・ ② »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イケイケ!花のまりあ組 | トップページ | まだ、生きてる・・・ ② »