チャイナガール

Cover_2

作者:青山景
シナリオ:花形怜
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.3号


あらすじ:
イケメンで仕事もバリバリできて優しい男・上条は会社の部下や合コン相手の女の子に好かれているモテ男。しかし、中途半端な気持ちではなく運命の女性といえる人と付き合いたいと考えている上条は、女性の好意に答えずにいた。そんな中、家の近くの中華料理店で働く中国人の女性・シャンランに恋をしてしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
ラブコメ漫画というヤツです。モテ男だから自分からのアプローチの仕方をしらないというところがポイントでしょうか。中国人女性という設定はけっこうあるので、そんなに新鮮味は感じられません。キャラ的には中華料理店のオヤジさんが活躍するようになれば面白くなると思いました。

絵柄:★★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

| | コメント (0)

はじめてのあく

Cover


作者:藤木俊
掲載誌:週刊少年サンデー No.6号


あらすじ:
ある朝キョウコが起きると、全身縛られた上に変なマスクの男がドリルを片手にキョウコの体を改造しようとしていた。その男は、キョウコのいとこであり、正義の味方に壊滅させられた悪の組織の家系に生まれた阿久野ジローであった。ジローの興味は人体改造で、キョウコの父親もすでに改造済みであった。腕っ節の強いキョウコの肉体に惚れ、なんとか改造しようと学校まで追ってくるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
ヒーローギャグ漫画というヤツです。すっかりお笑いの対象になってしまった古き良き悪の組織ですが、ここでも笑いの種になっています。主人公がいろいろと改造できる腕前を持っているところが、今後広がりを持たせられる設定かと思います。正義の味方の方も出てくるのでしょうが、そのキャラ次第で面白さの大部分が決まる気もします。戦闘員キャラ(いじられ役)も出すべき。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

| | コメント (0)

Dの魔王

Hyoushi

作者:霜月かよ子
原作:柳広司
掲載誌:ビッグコミックスピリッツ No.6・7号


あらすじ:
陸軍の中に「D機関」と呼ばれるスパイ養成機関が存在した。不本意ながらもそこに配属されることになった佐久間は「D機関」へ配属になる。そこは凄腕のスパイといわれている魔王こと結城中将を筆頭に、スパイを育てるという「D機関」の特殊なルールと変わった人たちばかりで戸惑う佐久間であった。そんなある日、得意のポーカーゲームに誘われるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
原作ミステリー漫画というヤツです。スパイということで、一筋縄ではいかないキャラたちが出てくるので漫画向きかと思います。もちろん原作は未読ですが・・・。ポーカーするにも、イカサマや周りの人も含めてすべての状況が対戦の対象となるという理論は見ていてゾクゾクしました。この理論を発展させていくような展開になると面白いと思います。しかし、絵柄のせいなのか昔の陸軍という設定に何も意味が感じられません。スパイだけなら漫画っぽく異世界にしてしまってもよいし、陸軍にするなら重厚な感じが欲しいところです。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

| | コメント (0)

AZUMI ~あずみ~

Cover1

作者:小山ゆう
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.2号


あらすじ:
幕末。桜田門外の変で知られる井伊直弼の殺害が今まさに行われようとしていた。その井伊暗殺の重要な使命を受けたのは、まだ若いあずみといわれる女であった。あずみは、斬り合い混乱する人の中を、足を止めることなく井伊の駕籠に近づき、いとも容易く殺害を行うのであった。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。『あずみ』の続編です。『あずみ』の登場人物も出てくるので、なんかしらの繋がりはあるのでしょうが、このあずみが初代とどういう関係なのかは謎です。年齢的には本人ということはありえないので、孫とかなんでしょうか。タイムスリップした本人ということはないだろうなあ。とにかく、あずみを幕末で活躍させたいという作者の思いが生んだ作品です。ということは、当然竜馬が絡んでくるサービスは必須ですよね。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

| | コメント (0)

シュトヘル

Hyoushi

作者:伊藤悠
掲載誌:ビッグコミックスピリッツ No.4・5号


あらすじ:
弓矢が飛び交う戦闘に参加しているというリアルな夢を見る須藤は高校生。仲間たちにおくれてカラオケに合流すると、見たことのない女子がいた。その転校生のスズキさんが自分の家に来ることになり、須藤が作りかけの楽器をスズキさんが手に取ると、聞こえるはずのない音が聞こえてくる。すると須藤はまたしても、自分がシュトヘルと呼ばれている別の世界へいるのだった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。一切説明もなく話をどんどん進めていくので、よく理解できませんでした。次回以降、説明が始まるようなので内容が理解できるようになるのでしょうか。謎が話を引っ張るという部分はあるとは思いますが、納得のいく説明がないと、読者がおいてけぼりすぎる気がします。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

| | コメント (0)

ジキルとハイドと裁判員

Cover1

作者:森田崇
脚本:北原雅紀
掲載誌:ビッグコミック スペリオール No.1号

あらすじ:
裁判官の辺見直留は、一つ一つの事案に係わりすぎるため仕事が遅いことが難点であった。そして直留の担当する裁判で、初めての裁判員制度が実施されるのであった。元カノの殺害事件の被告は淡々と事件のあらましを語っていき、裁判は大方有罪の方向になっていくのだが、直留は何か納得の出来ない思いがあるのであった。

感想:ネタバレ注意!
裁判マンガというヤツです。裁判員制度のHOW TOにもなっており、弁護士会推奨って感じの漫画です。でも、裁判で一番重要な難問である「本当の真実」の部分は特殊な能力で判ってしまうというのはいかがなものか。まあこの漫画のキモは、素人である裁判員達を主人公がいかに言葉巧みに誘導していくかというところだから、真実の部分は揺らぎないものでなくてはいけないのでしょう。でも『十二人の怒れる男』よりは『12人の優しい日本人』のほうが正しい裁判員制度なのではないかとも思います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

| | コメント (0)

アラタ カンガタリ ~革神語~

Cover_3


作者:渡瀬悠宇
掲載誌:週刊少年サンデー NO.44

あらすじ:
八百万(やおよろず)の神々が生きる「神話」の世界。国を治める王は「秘女族」の血をひく女と決まっているのだが、長い間、女の子に恵まれなかった。そんな中、「女」として出生を届けられていたアラタ(♂)が、王女である「秘女」を継ぐ儀式に、女装をして臨むのだが、そこに待っていたのは・・・

感想:ネタバレ注意!
古代ファンタジーというヤツです。国レベルでの話っぽいので、スケールの大きな話になっていくのでしょうか。
とりあえず、この「女」だけど「男」というアイデアを今後も活かすのであれば、このあと主人公は、本当に女になる(もしくは変身できる)みたいな普通じゃない人間になると思うのですが、どうでしょう。御神体の謎もお話のキモになるんでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他 | 小学館 | 秋田書店 | 講談社 | 集英社